iPadやiPhoneでMarkdownを入力しやすい『1Writer』


1Writer - Note taking, writing appカテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ 昨年になるのだが、外部キーボードの付いたAnkerのiPad Air用キーボードカバーを...

Posted by  on

iPadやiPhoneでMarkdownを入力しやすい『1Writer』

1Writet1Writer - Note taking, writing app
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ


昨年になるのだが、外部キーボードの付いたAnkerのiPad Air用キーボードカバーを入手してから、iPadでテキストを打つことが増えている。外部キーボードを使うと、iPadの画面にソフトウェアキーボードが占めることがないので、画面を大きく使えるのが良い。

ただし、日本語入力で変換候補が消えないといったバグが一向に解消されないので決してiPadでの入力環境が快適な訳でもないのが悲しいところだ。

そんなiPadでの入力環境でもMarkdownを使っていきたいのだが、なかなか納得のいくテキストエディタに出会えない。しばらくの間、いろいろと使ってみながら模索していた。

ふと、Mac用のテキストエディタの作者が勧めるiOSのテキストエディタの記事を見て、いままで知らなかったテキストエディタだったのだが、使ってみると思った以上に使いやすかった。それが『1Writer』だ。

[ポ] Webディレクターとしてのテキストエディタ(Markdownエディタ)選び - …My cup of tea…

テキストエディタをあれこれ試す

iPadでのテキストエディタは、いろんな環境で同期ができる『Simplenote』を使っていたが、より機能が多い『PlainText 2 』がメインになりつつあった。PlainText 2では、拡張キーボードで記号の入力やカーソル移動ができ、選択部分の文字数カウントなどもできるのだ。保存先をDropboxやiCloudにすることで同期もできる。

PlainText 2は、Markdownファイルを開いて編集することができるのだが、不満なのは拡張キーボードの記号がMarkdown向けではないことだ。Markdownを活用するにあたって、Markdownの入力支援が欲しい。

IMG_2901.PNG

Simplenote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

PlainText 2
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

すでに持っているアプリで『Daedalus Touch』があった。これの良いところは入力支援のボタンをカスタマイズできることだ。ボタンを長押しすると違うものに変更できる。括弧などは、最初に開始の括弧が入力され、もう一度タップすると閉じ括弧が入力される。テキストを選択してタップすると選択部分が括弧で括られる。カスタマイズでMarkdown用に変更することはできそうだ。

IMG_2902.PNG

しかし、Daedalus TouchはUIが独特すぎて、誤動作が多くなりがちなのと、ファイルが増えてくると管理がしにくくなること、また同期もスマートではない。ちなみに、Daedalusはダイダロスと読む。

また、カスタマイズできるとはいえ、やはりMarkdownを意識した作りにはなっていないので、やはり気になるところが出てきてしまう。

Daedalus Touch -iCloudのためのテキストエディタ
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル

純粋なテキストエディタではないが、持っているDay Oneというアプリに、Markdownの入力支援ボタンがあった。記事入力欄の下のボタンをスワイプすると現れる。見出しや太字、リストなどが入れやすい。

ただ、Day Oneはテキストエディタというよりは日記やジャーナルを書くアプリ。カレンダーやタグで管理ができる。他のアプリへテキストを送ることはできるが、どちらかというとDay Oneの中で完結しやすい作りになっている。また、iPadを横向きで使うと、左側に常にメニューが表示され、入力欄が広くないのも気になるところだ。

IMG_2904.full.JPG

Day One (日誌 / 日記)
カテゴリ: ライフスタイル, 仕事効率化

やはり、すでに持っているものでは、どれもしっくりこないのでWebでの評判を見ていくとBywordWrite for iPadというのが評判が良さそうだ。どちらもMarkdownのエディタを謳っており、見出しだけではなくリンクや画像の挿入もできるようだ。

どちらもMac用やiPhone用のアプリがあり、同期ができるようではある。機能としては似ているように見える。入力支援のボタンは少し違うが、Write for iPadはカーソルに特徴があるようだ。どっちにしようか迷っていたが、Bywordはいろんなサービスに共有するパブリッシュ機能がオプションになっていて、Write for iPadは、iPhone用が別アプリになている。パブリッシュ機能は、それほど重要ではなかったので、Bywordを買ってみた。ついでにMac用のBywordも購入して同期もしてみる。

たしかに、拡張キーボードのボタンはMarkdownに特化しているだけに、タブ(tab)であったりリンクなども入力しやすい。Undoがあるのも良い。PlainText 2では、iPadを振らないといけないので現実ではなかった。Markdownで書いた文を整形するプレビューがあるのも助かる。

IMG_2905.PNG

ただ、使えば使うほど、なんか違う感じ。Daedalus Touchのようにカスタマイズもできないので、たとえばハイフンを登録しておきたいと思ったけどできない。動作もいまいち軽快ではなかったりと、メインで使うかどうか迷う感じ。悪くはないのだが、ベストとは言い難い。

iPadのライブラリから画像を入れてみると、表示はされるが同期されたMac版でみると画像が表示されない。画像は同期されないようだ。

Byword
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Write for iPad - A Note Taking and Markdown Writing App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

拡張性の高い、至れり尽くせりなエディタ

結局のところ、Markdownの入力支援は欲しいのだが、使い勝手自体はPlainText 2が理想に近いのだ。Bywordも悪くないのだが軽快さに欠ける。入力支援以外では細かい部分など、PlainText 2の方が使いやすい。テキストエディタは起動の速さや、動作の軽快さは必須だと考えているので、そのあたりが悩みどころ。

ちょっと途方に暮れていたところ、前回の記事にあるように、私の愛用しているMacの軽量エディタ『nvALT』の作者が、nvALTと一緒に使うiOSのテキストエディタとして挙げていたアプリが『1Writer』だった。

1Writer - A beautiful and rich-featured Markdown editor for iPhone and iPad

1WriterもMarkdownエディタとして謳っているが、あまり聞いたことがないアプリだったり。有料ではあるので迷ったが、愛用しているnvALTの作者が勧めるのだから気になって購入してみた。使ってみると、期待をはるかに超えるアプリで、「こういうのが欲しかった」と叫びたくなる感じ。全体に軽快でありつつ、入力支援のボタンはBywordの2倍くらい表示されると思ったら、スワイプで切り替えれるので、実施4倍だ。1文字の記号ならカスタマイズで入れ替えることもでき、「アクション」として機能を登録することができる。とにかく、カスタマイズがしやすく拡張性が高い。

IMG_2907.PNG

シンプルながら機能がたくさんあるにも関わらず、複雑すぎないのが素晴らしい。何より、「アクション」として必要な機能が追加できるのが良い。以前にDraftpadというアプリがあり、「アシスト」として機能を追加することができたが、似たような感じだ。まだ、登録できる機能は多くはないが、Draftpadよりシンプルだ。なお、DraftpadはTextwellという後継のアプリがあるようだが、入力支援のボタンはないようだ。

しばらく使ってみて、ここが凄い。と思った点をいくつかピックアックしてみよう。

1. 軽快

これは何より重要なのだが、PlainText 2と比べても遜色ない。起動したらすぐに新規作成の画面にすることもできる。

2. 入力支援のボタンが多い

iPhoneだと3列になるくらいあり、アクションも設定できる。1文字の記号であれば入れ替えもできる。

3. プレビューがスマート

Bywordでは、確認モードと編集モードがあり、プレビューに切り替えたが、確認モード=プレビューだ。しかも、編集モードでも見出しなどの大きさが変わる。確認モードと編集モードは、それぞれにフォントの大きさや行間を変更することもできる。

4. ブラウザ内蔵

ブラウザ内蔵のため、調べ物やURLをコピーするために、Safariと行ったり来たりする必要がない。ブラウザで開いてるページへのリンクを記入するアクションもあったりする。

5. アクションディレクトリがある

公式サイトにアクションディレクトリがあり、ワンクリックで機能をインストールできるようになっている。アクションディレクトリはユーザーが登録することもできるようだ。

6. Dropboxに画像がアップロードされる

入力支援からiPadのライブラリの画像を選ぶと、Dropboxにアップロードされるので、たとえば同期したMacでも画像が見える。

7. 複数のDropboxフォルダと同期

メニューには、Dropbox内の同期フォルダを任意で選べ、複数登録もできる。つまり、プロジェクトごとにフォルダを分けて登録も可能だ。管理しやすい。

8. ハッシュタグが使える

シャープを付けたハッシュタグを使うこともできる。記事をフォルダからではなくタグから探すこともできるようになり、アクションでEvernoteに送ると、ハッシュタグがEvernoteのタグとして保存される。

9. チェックボックスがある

入力支援でチェックボックスがあり、入力したものをリマインダーにエクスポートもできる。リマインダーの下書きにも使い易い。Evernoteにもチェックボックスとして登録できる。(Evernoteリマインダーとは違う)

10. nvALTとの同期が楽すぎる

naval側で保存先をiCloud Driveの1Writerにしておくと、1WriterとnvALTを同時に起動しておくと、片方で修正した内容が、なにもしなくてももう片方が同期される。AppleのiWork並みの同期(Dropboxとの同期でもできるかもしれない)。ただ、nvALTでSimplenoteとの同期をオフにするのがオススメ。ファイルが無限にできる可能性がある。

とりあえず、10個挙げてみたが、アクションを加えることでできることが格段に増える。たとえば、文書内の検索や検索・置換、ブラウザで開いているページの引用をHTMLで埋め込む、選択文字で検索する、Tumblrにポストや、PDFとして書き出しなど、いろいろできる。

自分でもアクションが作れるようになればいいのだが、とりあえずはアクションディレクトリにあるものだけでもいろいろできて楽しい。希望としては、ワード数ではなく文字数が分かるようになれば完璧かなと。

しかし、かなり満足なテキストエディタに出会えてよかった。

1Writer - Note taking, writing app
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ



Posted On
Last Updated On


track feed ...My cup of tea...