Webディレクターとしてのテキストエディタ(Markdownエディタ)選び


テキストエディタとは、テキストを書くための編集ソフトである。 このところ、MacやiPhone、iPadでのテキストエディタと、テキストを書く環境に迷走していた。ようやく完璧とは言えないが、ほぼ見え...

Posted by  on

Webディレクターとしてのテキストエディタ(Markdownエディタ)選び

howwriting.jpg

テキストエディタとは、テキストを書くための編集ソフトである。

このところ、MacやiPhone、iPadでのテキストエディタと、テキストを書く環境に迷走していた。ようやく完璧とは言えないが、ほぼ見えてきたので記録しておきたいと思う。

一口にテキストエディタと言っても、用途は様々で、ちょっとしたメモやブログの原稿、企画書や報告書などの書類、Webサイトのソースやプログラムなど、職種や生活スタイルによって用途が違い、求める機能も違うだろう。

iPhone、iPadの「メモ」、Macの「テキストエディット」やWindowsの「メモ帳」など標準で付いているもので十分という場合もあるかもしれない。あるいは、OfficeのWordといったワープロソフトで問題ない場合もあるだろう。

Markdownをもっと使っていきたい

テキストエディタを見直したいというきっかけになっているのは、Markdown(マークダウン)という記法をもっと活用したいと思ったことだ。

Markdownというのは、「マークアップ言語」の一種。マークアップとは、文章に対して、この部分はタイトル、この部分は段落、ここはリンク、などと文章や単語に「意味付け」をしたり、画像の位置を指定していくことである。

ホームページを表示する「HTML」もマークアップ言語である。プログラム言語と思われることもあるが、HTMLはプログラム言語ではなく、マークアップ言語なのだ。ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージの略。タグというもので、文章に意味づけしているのがHTMLだ。

HTMLで意味付けをするとリンクなども張れ、便利なのだが、普通に文章を書いていく中では、タグを書いていくのは手間であるのと、文章を見直すときなども視認性が落ちて見にくいということがある。

そこで、文章の見やすさもできるだけ落とさずに、意味付けをしていく簡易的なマークアップ言語が「Markdown」であり、軽量Markup言語とも呼ばれる。

はてなブログやTumblr、プログラマに人気のGitHubなど、多くのWebサービスなどがこのMarkdownに対応していたり、Movable TypeやWordPressなどもMarkdownで記事を書くことができるのと、Markdownに対応したテキストエディタなどは、HTMLに変換して書き出したりなどもでき、ツールやサービスが揃ってきたので使いやすくなっている。

たとえば、文章をふつうにテキストだけで書き残しておくより、Markdownで書いておくことで、いろいろな使い方に対応していったり管理していったりがしやすいのだ。なので、このMarkdownで書いていく環境を整えたいと思ったのだ。

テキストを書く場面

仕事上でテキストを書く場面も多いが、このように個人的にブログを書くこともある。日々思いつくことのメモを書いておきたいこともある。もちろん、用途によって、書くツールも分かれるのかもしれないが、ある程度行き来できるようにしたいし、管理できるようにもしておきたい。つまりは、仕事用に調べた内容をブログにも使ったり、逆にちょっとしたメモをもとに仕事用のメルマガを書いたりなどもしやすくしたい。

また、ワープロソフトでWebサイトのHTMLは書きにくいので、必然的に書籍用のテキストエディタとソースなどを書くテキストエディタでは違うものなのだが、どっちもできるツールもあると助かる。

現状として、どんな書く場面があるかと、いま使ってるツールを書いてみよう。

ブログ
もともとはブラウザで管理画面に直接書いていたが、最近はMouで下書きすることも。
ちょっとしたメモ
MacではnvALT。iOSではPlainText 2。たまにSimplenoteだけど、SimplenoteとPlainTextは基本的に同期されている。
企画書やプレゼンスライドの下書き
MacではnvALT。iOSではPlainText 2。
Webサイトの原稿
ScrivenerかMouかnvALTか。その時々で違うかも。
メルマガ原稿
ScrivenerかMou。連載物はScrivenerのほうが管理しやすい。
執筆原稿
素案のメモはnvALTかMou。そして、Scrivener。デザインが決まっているものはKeynoteに直接書いたりする。
Webサイトのソース
Espresso。あるいはJedit X
プログラム言語
主に閲覧とちょっとした修正程度だけど、Jedit X。またはEspresso。
電子書籍
Epubファイルの作成はEspresso。原稿はScrevener。

この中で、とくに気になっているのはScrevener周り。とても便利で、Markdownファイルとして書き出しができるから、書いてしまえばいいのだが、MarkdownのプレビューができないのとMarkdownの入力支援などがない。また、Simplenoteと同期できたり、Dropboxに同期用のフォルダを作ってPlainText 2でiOSからテキストの編集もできるのだが、SimplenoteやPlainText 2のMarkdown入力もしやすくないのが問題だ。ここをどうにかしたいと。

複数の端末で同期は必須

普段から3台のMac、iPhone、iPadを使っている。基本的にはiPhoneで長いテキストを打つことはなく、主にMacで書くことが多い。ただし、iPad Air用の外部キーボードを手に入れてから、MacBook Airを持ち歩くことが減ったため、iPadで文章を書くことも増えてきている。とはいえ、日本語変換に難があるため、メインで書くのはMacでということになる。しかし、同期される環境は必須だ。

最新のMac OSとiOSではiCloudでの連携が強化されている。Officeと互換性のあるiWorkのKeynote、Pages、Numbersも同期が強化されて使い易いが、起動などに時間がかかるのが難点。手軽ではない。iCloud Driveのおかげで、その点は選択肢も増えている。

このところ、DropboxとEvernoteの同期がなぜか重く、あまり信頼できないのでCopyというサービスをよく使っているが、Copyも使い易い環境がいい。

できれば、それぞれの端末でMarkdownを書きやすい環境を整えたい。というのが希望だ。

迷走の果てにたどり着いた環境

すでに使っているツールもあるので、それとの兼ね合いや、評判の良さそうなものを新たに使ってみたりしたが、意外に悩んでしまった。特にiPadのテキストエディタにしっくりくるものがなく。

テキストエディタ選びの迷走の間に試したテキストエディタやツールなどのレビューは、また別記事にしていきたいが、結論としての自分の現状のツールを記しておこう。あくまで、自分のWebディレクターとしての立場での結論だ。

Webディレクターとしての立場上、HTMLなどを見たり書いたりすることもある。なので、シンプルなテキストしか書けないテキストエディタでは物足りないし、ワープロソフトでは機能的に不足する。逆に、余計な装飾も邪魔になることがある。

ただし、ガシガシとプログラムを書くことはほとんどない。たとえば、評判がいいSublime TextなどをMarkdownを書くようにカスタマイズしていく方法もあるのだが、個人的にSublime Textのような、いかにもプログラマ向けですよ、というようなテキストエディタは苦手なのだ。どうもしっくりこない。

そんなWebディレクターとしての理想的な環境だ。ちなみに、Mac環境である。

まずはMac環境。基本的にScrivenernvALT。そしてEspressoだ。正直、変わってない。これに、Marked 2というMarkdownのプレビューアプリを追加した形だ。むしろ、今回調べていって、もともとScrivenerはすごいと思っていたが、EspressoとnvALTが最強だと実感した。ちょっと動きが不安定で落ちることもあるのだが、ただ、最強だ。慣れてるという部分も加味しつつ最強だ。

そして、iOS環境。こっちはとても困っていたのだが、1Writerというアプリを見つけて、すべて解決した。

それもこれも、ひさびさにnvALTのサイトを見てみたら、nvALTの作者がMarked 2をいまメインで作っていると知ったのだ。ずっと、買おうか迷っていたMarked 2なのだが、nvALTを長く愛用させてもらっているので、感謝の意味も込めてMarked 2を買ってみた。その上で、作者のブログを見ていると、nvALTと一緒に使いたいテキストエディタとして1つ選ぶとしたらと、1Writerをピックアップしていたのだ。

My pick for best iOS nvALT companion - BrettTerpstra.com

しかし、この作者、iOSのテキストエディタの比較サイトも作ってた。なんか、面白い人だ。

ある意味、この作者Brettさんのファンになって全て完結したと言えるかもしれない。勧めてくれるだけあって、1Writerがすごく使いやすいアプリ。いままでの悩みが吹き飛んだ。

様々なアプリの組み合わせではあるが、MacではScrivenernvALTEspressoMarked 2。そして、iOSでは1Writer。これで落ち着きそうだ。ちなみに、ちょっとしたMarkdownファイルの編集には、Mouもまだ使おうと思ってる。

詳しいアプリの使い方のレビューなどは、途中試したアプリも含めて、少しづつでも紹介できればいいなと思っているが、どの順番に書こうか迷っている。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Subscribe on Android
  • Listen to Stitcher
  • Listen on Google Play Music