簡単にePubに圧縮(Mac)


test 来たる iPad の到来に向けて、iBooksで閲覧可能な ePub形式を研究中です。 オープンソースのePubエディタ「sigile」で作成するのが一番簡単だと思うのだけど、ePubリーダ...

Posted by  on

簡単にePubに圧縮(Mac)

test

来たる iPad の到来に向けて、iBooksで閲覧可能な ePub形式を研究中です。

オープンソースのePubエディタ「sigile」で作成するのが一番簡単だと思うのだけど、ePubリーダーのStanzaでは大丈夫だけど、「Adobe Digital Editions」だと文字化けてしまう。

解決方法などは、「日本語Epubブックサンプル - 横浜工文社」さんに書いてあるので、そのままなのですが、コマンドラインのZIPツールが必要とありました。

ターミナルでコマンドでというのは出来るんですが面倒。ということで、簡単な方法を探して発見。Mac限定ですが。

ePub形式の実体はZIP。ZIP圧縮をして、拡張子を.zipから.epubにすると完成。

ZIPの中身のファイル構成などは「日本語Epubブックサンプル - 横浜工文社」を参考してください。

さて、圧縮の方法。
いつも愛用の「CleanArchiver」を使用。(標準の圧縮機能でも同様の方法で可能でした)

まず、下図のように、圧縮したいフォルダをCleanArchiverのアイコンにドラッグ&ドロップし、圧縮したZIPファイルを.epubにしてもAdobe Digital Editionsなどで、EPUB形式として認識してくれないのです。

zip_epub1.jpg

zip_epub2.jpg

なぜ、これだとダメなのかを先のサイトを参照すると、

ソースからePub形式のZIPファイルを作るには、なんらかのZIPツールを使用します。

ただ、ひとつやっかいな条件があります。 metafileがZIPファイルの最初のファイルで、しかも圧縮されてないことが条件です。

圧縮の順番とかmetafileが非圧縮じゃないといけないとかがあるようです。
方法として、上記の条件が守れたのかどうか分からないのですが、CleanArchiverで下記の方法で行うことで可能でした。ePub形式として認識されました。

1、圧縮したいフォルダを開きます。

2、ePubに含むファイルだけ選択し、CleanArchiverのアイコンへドラッグ&ドロップ
zip_epub3.jpg

3、保存先とファイル名が聞かれるので、ここで.epubにリネームしてしまう。
zip_epub4.jpg

これで完成。
作られた.epubファイルはちゃんとリーダーで認識されました。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Google Podcasts
  • Listen to Stitcher