IMクライアント「Adium」で Twitter


少し前に、Mac用のTwitterクライアントソフトとiPhone用のTwitterクライアントソフトについて書いたが、自分の中でこれだと片手落ちな気がするので、もう1つ書いておく。 それは、IM(イ...

Posted by  on

IMクライアント「Adium」で Twitter

少し前に、Mac用のTwitterクライアントソフトiPhone用のTwitterクライアントソフトについて書いたが、自分の中でこれだと片手落ちな気がするので、もう1つ書いておく。

それは、IM(インスタントメッセンジャー)での利用だ。

ただし、現在は Twitter では IM をサポートしていない。当初は、AIM、GTalk、.Mac 、LiveJournal、Jabberといった IM をサポートしており、僕が一番魅力を感じたところだったのだが、いつの間にかサポートされなくなってしまった。(この時は、追いかけることが出来ないくらいフォローするという面白さには気づいていなかった)

ただ単に短いメッセージを書き込める。それだけでは、ブログ+RSSリーダーで出来ることと大して変わらない。Webブラウザから離れ、IMからステイタスをポストする。タイムラインはIMに流れてくる。WebサービスなのにIMクライアントで完結するところに面白さを感じた。

米国では携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)もサポートしており、これは現在も続いているが、日本では未対応。これも、SMSからポストし、タイムラインはSMSでやってくるという仕様。

いまは、iPhone からの Twitter 利用がやたらと多いらしいが、SMSがもっと早く来てたらまた違ったかもしれない。モバツイッターといったサービスもあるが、Webと離れてSMSだけで完結する様子も見たかった気がする。

そんな、終わってしまった IM のサポートだが、Mac の IM クライアントである Adium の最新版は Adium 側で Twitter に対応している。Adium とは、複数のIMサービスを1つにまとめられる便利なIMクライアントだが、AOLやGoogle Talk、Yahooメッセンジャーなどのいくつかある対応サービスの中に Twitter が加わっているのだ。

IMで完結するWebサービス

2006年8月に最初のプロトタイプが公開されてから3年が過ぎたTwitter。ニールセン・オンラインが提供するインターネット利用動向調査「NetView」によると、2009年4月時点でTwitterの利用者数は米国と英国を合わせ1900万人以上おり、日本での利用者数は約52万人、世界で1900万人以上が利用していることになる。

ここ最近、急に注目されて、まわりでも始める人が増えている Twitter だが、世に出てから約3年が経つようだ。

最初のプロトタイプが2006年の8月ということ。僕がアカウントを作ったのが2006年の10月だから、かなり早かったらしい。その一番最初のときから、IMと携帯のSMSをサポートしているというところが面白いと思っていた。

ただ、日本では携帯のSMSは利用できず、IMも日本語は文字化けがしやすく、コツが必要だった。

問題は、日本語が微妙なところだ。IMからはほとんど無理。短い単語だともしかしたら、みたいな感じ。サイトからだと日本語が入りそうだったが、ちょっと長めのを入れたら弾かれた。基本は英語でと考えた方が良さそうだ。

Twitterのサイトから直接書き込めば、日本語も通ったのだが、なぜかそれでは意味が無いと思ったものだった。サイト以外から書き込めるから面白いのにと。

それよりも日本人が少なかったので、日本語で書くこと自体が無意味だったので、しばらく英語で書き込んだりしてみたが、英語が得意ではないことも手伝って長続きしなかった。


面白いのはサービスではなくて使われ方

Twitter は立ち上げ当初は、そんなに注目されるものではなかったようで、最初に注目を集めたのは2007年3月に行われた「South by Southwest 2007」だったと思う。

「South by Southwest 2007」カンファレンスも無事閉幕。やっと時間ができたので、今日はイベントで最もホットな話題を振りまいた2つのサービス、TwitterとDodgeballを紹介したい。

どちらもフレンドリストを作ってメッセージが流せるサービスだが、TwitterはIMやSMS、ウェブベースのクライアントを通して自分のステータスをアップデートできるのに対し、Dodgeballは現状SMSオンリーだ。


ここでも、TwitterはウェブよりもIMやSMSからステータスをアップできるサービスと捉えられている。じつは、現状では、日本ではこの双方が使えないというのが不思議。それでも流行っているのは iPhone とそのアプリのおかげだろう。IMを日常で使ってる人少ないだろうし。

なお、Dodgeballは、もうサイトがないようだ。
しかし、ここでもあるように、Twitterのサービスが話題をさらっていたけど、特別優れているという見られ方はしていない。

目立った理由のひとつにはTwitterがコンベンション会場のいたるところに大型LCDを設置してSXSWのメッセージを流したこともある。参加者のコメントが次々流れてくるのは、見ていてとても面白かった。

会場を見たわけじゃないから分からないが、たぶん、携帯のSMSや設置のパソコンなどからポストしたものが設置してあるモニターに表示されていったんじゃないだろうか。
これは、いま、イベントでそのように使われているのを見かけるが、このころから、このように使われたりもしたようだ。

つまり、Twitterの面白さはWebサイトやブラウザに限定せず、様々なところから更新できるので、サービスの面白さというより、使われ方の面白さなのかもしれない。
しかし、普通はWebサービスはいかにアクセスさせるかを考えそうなものだが、いかにアクセスさせず、そしてオープンにみんなが使えるようにと作られていったのがユニークだし、そこが良かったんじゃないかと思う。

ちなみに、この頃から日本語が大丈夫になってきたし、Twitterrificのようなクライアントソフトも出てくるようになった。


Adium がTwitter アカウントをサポート

IMとの連携が面白いと思っていたのに、ある日 IM がサポートされなくなった。

それまでも、サイトが落ちたりしたときに IM だけおかしいとか、そんなこともあったが、知らないうちに設定画面から IM の設定がなくなってしまった。少し残念な思いをしてたのだが、なんと Adium のほうで Twitter アカウントを登録できるようになった。
スクリーンショット(2009-09-04 14.08.05).png
このメンバーリストの一番下にTwitterのタイムラインがあります。
設定によって、フォローしているユーザーをここにズラーっと並べることもできるのですが、それはそれで大変なので止めておきました。圧巻ですが。

実際のタイムラインの書き込みはこのように。(画像はたまたま今撮ったので、他意はないですよ)
スクリーンショット(2009-09-04 14.11.09).png
RTや@reply、favoriteのリンクもついてます。#をクリックすればサイトに行きます。
ダイレクトメッセージは直接チャットをしているように別のウィンドウが開きます。(タブで切り替えです)

ちゃんとアイコンも表示され、Twitterクライアントとしてもそこそこ使えるものになっています。もしかしたらこれだけでも良いかも。(個人的にはTweetieのほうが、画像が表示できたり、ユーザのプロフィールとかも見れるので好みですが)

なお、Adiumはプラグインでいろいろカスタマイズすることができるのですが、見た目をTwitterrific風にするというものまであるようです。
Adium - Xtras - View Xtra: Twitterrific

Adium のステイタスを自動的に切り替え

最後に、AdiumのステイタスをTwitterの最新投稿にする設定です。ステイタスというのは、上記のメンバーリストで「チャット可能 ▼」となっていた部分。ここは、カスタマイズで自由に書き換えれるのですが、ここを Twitter の最新の投稿にしてしまうのです。自動で。

方法はちょっと面倒な上に、Adium が不安定になる可能性が大なので、自己責任で。


まずは、TwitterAdium というプラグインをダウンロードし、インストールします。
Adium - Xtras - View Xtra: TwitterAdium

チャットの部分に「%_Twitter」と打ち込み、投稿します。すると、ユーザーのホームフォルダーのなかに「.twitter」というファイルが出来ます。不可視ファイルなので、どうにかして不可視ファイルを見れるようにしてください(Onyxとか)。

次に、その「.twitter」ファイルを編集します。テキストエディタで開くと、「ユーザーネーム」「メールアドレス」「パスワード」を入力する部分があるので、自分のものを入力したら保存。

もう一度、チャット部分で「%_Twitter」と打ち込むと正常であれば最新情報が表示されるようになるます。このようにチャット部分でも使えるのですが、ステイタスの部分でも使うようにしてみます。

Adiumの環境設定から「状態」を選び、+ボタンで状態のメッセージを追加します。
スクリーンショット(2009-09-04 14.35.18).png
タイトルは何でも良いのですが、状態メッセージのところに先ほどのように「%_Twitter」と入力し、OKで保存します。

あとは、メンバーリストの「チャット可能 ▼」の部分を先ほどタイトルをつけたものに切り替えると、自分の状態の部分にTwitterの最新投稿が表示されるようになります。相手からは見えるはずですが、自分で確認したいときは、タイトルの上にマウスポインタを置いておくとツールチップで表示されます。


確かかどうか分かりませんが、Twitterはもともと、このIMのステイタスのところを投稿できて友人のものとかがダーッと見れたら面白いんじゃない? というので生まれたというのを聞いたような気がします。だから、いまの状態を示す「いま何してる?」なんだと。

そういう意味じゃ、このIMのステイタスを同期させるのが自分としてはしっくりしています。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Google Podcasts
  • Listen to Stitcher