Pod Music Street リ・スタート!


ようやく、サイト構築し、リ・スタートを切ることができました。 じつに、5ヶ月程止まってました。申し訳ないです。 なぜ、5ヶ月も止まっていたのかとか、あんまり詳しく話す気分でもないのですが、1ついえるこ...

Posted by  on

Pod Music Street リ・スタート!

ようやく、サイト構築し、リ・スタートを切ることができました。
じつに、5ヶ月程止まってました。申し訳ないです。

pms.png

なぜ、5ヶ月も止まっていたのかとか、あんまり詳しく話す気分でもないのですが、1ついえることは、安すぎるのも考えものだということです。

しかし、なんとか取りあえず復活。何ぶん、データベースもまっさらに1からのスタートですので、これからなのですが、まずは一仕事終えた感じ。といっても1週間で作ったんですが。

無事に復活

なぜ、5ヶ月も閉鎖していたかとかは、ここのブログも落ちてたので、ポッドキャストジャーナルさんのほうが詳しいかもしれません。

つい先日公開から3年目を迎えた、ポッドキャストで使える音楽情報を提供している「Pod Music Street」に重大なインフラの障害が発生いたしました。

また、今回の復活についても取り上げてもらってます。

2009年2月に起きたディスク障害の悲劇から約4ヶ月。音楽を楽しみ共有できるWebサイト"Pod Music Street"が新たなスタートをしようとしております

取り急ぎ、以前のサイトに登録を頂いていたユーザさんへ、メールにて招待状を送ったところです。まずは、招待制でのスタート。希望者はご連絡下さい。
まだ、試運転なので、様子を見ながらです。

XOOPSからDrupalへ乗り換え

以前の Pod Music Street は、XOOPS というオープンソースのツールで構築していました。それは、それで良かったのですが、今回は同じオープンソースである Drupal というツールで再構築しました。結果として、Drupal は気に入ったかもです。

もともと、XOOPSは、日本人の開発者もいたこともあり、日本語対応がしやすく、日本のコミュニティもしっかりしているので、その点は非常に良いのですが、現状、日本のコミュニティは日本独自のバージョンを発表しています。

それが、XOOPS Cubeトとなるわけですが、なんか日本のローカルのものになっていっている感じと、どことなくややこしい感じがあり、多少の不満がありました。

そして、この Drupal 、海外では人気がありまして、「オープンソースCMSアワード」総合部門で第1位を2年連続で獲得(2007〜2008年)するといった代物。残念ながら、日本語の情報は少ないのですが、海外のコミュニティはしっかりしていて、数多くのモジュールがあります。

コアな部分は4MBくらいしかなく、モジュールで機能を付け加えていく感じですが、作り方次第で非常に多彩でして、いろいろ出来ますし、きっとカスタマイズがしやすいんじゃないかと。

今後は Drupal の情報も

Drupal はコアなシステムがシンプルで軽く出来てる分、モジュールでいろいろ機能を追加していかなきゃいけません。今回も60〜70くらいモジュールを付け加えていきました。

英語の説明がほとんどなので、機能を使い切れていなかったり、バグが出て取り外したりと、時には全体が真っ白になり、コアからインストールし直したりしましたが、やはりバックアップのモジュールで3時間ごとにバックアップをとる設定にしていたので、復帰も早く感動ものでした。

今も、3時間ごとのバックアップの他、コンテンツが投稿されるごとにバックアップされるようにしています。

このような、必要不可欠のモジュールや、要るかどうか分からないモジュールなどいろいろあるのですが、自分でもわけ分からなくなってきたので、忘備録的な意味でも、Drupal の情報もブログに書いておこうかと思ったりしてます。(可能な限り)


取りあえず、今回は Embed widgets モジュールによって作られるEmbedコードを貼付けてみます。(ちょっと大きいですが)

同じような機能でWeb Widgets モジュールというのも気になっているのですが。リリースが新しいので。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Google Podcasts
  • Listen to Stitcher