Leopard を再インストール


この夏に苦労をしてインストールした Leopard。なんと再インストールするはめに。 以前から、たまにシステムがちゃんと終了しないときがあったんですが、それは危険信号だったのかもしれません。仕方がな...

Posted by  on

Leopard を再インストール

leopard2.jpg

この夏に苦労をしてインストールした Leopard。なんと再インストールするはめに。

以前から、たまにシステムがちゃんと終了しないときがあったんですが、それは危険信号だったのかもしれません。仕方がなく電源ボタン長押しで強制終了してたんです。今回も同じように強制終了したら、次の起動時に立ち上がるけどログインができない状態に。

インストールDVDから立ち上げてアクセス権を修復したり、ディスクを修復したり、セーフモードで立ち上げたり、PRAMをリセットしたり。

しまいには、Mac OS X で Mac が起動しないを iPod touch で見ながらシングルユーザモードで立ち上げてコマンドを入力する始末。
(あとから気づいたけど、OS X 10.3.9以前って書いてあった・・・)


いろいろやったが改善されず、仕方なくアップルストアまで車を走らせる。

状況を説明し、いろいろ手を尽くしたことを説明した結果、OSが壊れちゃってるかもと。OSを再インストールするのが一番早いということに。

しかし、問題はデータ。FileVault という素晴らしい機能のせいで、データが取り出せない。

FileVault での暗号化

この会社のMac。ノートブックなこともあり、FileVault という機能でホームフォルダを暗号化しています。

以前にMacを失う経験をしている身としては、会社のデータが入っているので、このデータを守る機能は素晴らしいのですが、逆に言うと、ちゃんとログインしないと、中のデータを見ることができない。

今回のようにログインができなくなっちゃった状態だと、中のものがバックアップできない。ぜんぜん取り出せない。

再インストールは仕方がないとして、特にいま作業中のファイルが取り出せないかと、アップルストアで相談した訳ですが、それができたら FileVault の意味がないと当然のごとく言われてしまい、あきらめることに。(何万もかけてサルベージサービスを利用するのもなんだったので)

良いのか悪いのか、少し前にクリーンインストールをしたので、そのときのバックアップなどが残っているのと、多少はバックアップの癖をつけていたので、被害は少ないのですが、この何週間かの絶賛作業中のファイルが・・・。


あきらめるのに丸一日かかりましたが、そんなこんなで再インストール。また環境を復旧しなきゃ。カスタマイズをしまくっている身としては、この作業も大変でして・・・。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Google Podcasts
  • Listen to Stitcher