Movable Type アップグレード失敗 とココログ 1MB 問題


(22:05 | 15.3MB) Movable Type を 4.1 から 4.2 にアップグレードしてみました。大失敗でした。 今年の始めに 4.1 にしたときも、デザインをまっさらにしちゃっ...

Posted by  on

Movable Type アップグレード失敗 とココログ 1MB 問題


MP3ファイル (22:05 | 15.3MB)

Movable Type を 4.1 から 4.2 にアップグレードしてみました。大失敗でした。

今年の始めに 4.1 にしたときも、デザインをまっさらにしちゃったんで、見苦し状態が続いてましたが、ようやく落ち着いたので 4.2 にしようかなと。ただ、前回の 3.x から 4.1 よりは簡単だろうと、気軽に始めて大失敗。

インストールがうまくいかない。途中で失敗する。データベースの中が文字化けしてる。何回やりなおしても文字化けする。まったくよくわからずに何度もやり直す。もう、ブログは止まってしまったまま。表示されない。

結局、原因としては、データベースのMySQLのバージョンやPerlのバージョンが全然足りないということが発見。・・・これは、サーバを引っ越さなくてはいけないのか?

という話と、ココログが1ファイル1MBまでのファイルしかアップできなくなってしまった件。


MT アップグレード大失敗

2月に Movable Type を 3.x から 4.1 にアップグレードしてとき、デザインも刷新しまして、もたもたしましたが、ようやく落ち着いてきたかなと。少し前に正式リリースになった 4.2 へのアップグレードを試みてみた。正直、気軽に見てました。前回よりは簡単だろうと。

軽くバックアップをとって、いざアップグレード。

しかし、インストール途中で失敗。データベースの作成で引っかかる。いろいろ手を尽くして、なんとかインストール。するとデータがおかしい。なんと管理画面も文字化け。

バックアップ。軽く取ってたけど、もうちょっとちゃんとやっとけばよかった。手持ちのバックアップデータから出来る限り復元をしようとするが、なかなか上手くいかない
。そして、最終的にはやはり管理画面が文字化け。

どうやらデータベースが文字化けしてしまう。何をやってもダメ。この間ブログは止まってしまう。まるまる1日以上は止まってしまった。

なんとか、バージョンを 4.1 に戻す。

いろいろ調べるがいまいち情報が少ない。データベースの MySQL 4 のデータを MySQL5 に移行するとき文字化けすることがあるというような情報がある。今回、データベースは変えていないので、当てはまらないが、一応 MySQLのバージョンを調べてびっくり。なんと使っているサーバの MySQL は 3.23.58。全然低い。もしやこれが原因か。


サーバのお引っ越し

借りてるサーバは XREA というところ。年間2400円でデータベースが使えるし、容量も3GBなので、結構使えるのですが、いま借りているサーバの MySQLが 3.23.58 。もしや、これが悪いのではないかと、Movable Type の仕様用件を確認してみる。

MySQL 4.0 以降、バージョン5.0.x

全然、話になってない。MySQL 4.0 以上なきゃいけないんじゃん。きっと 4.1 のときからそうなのだろう。よく今まで動いてくれていた。

ちなみに、Perl を見てみると。

Perl バージョン 5.6.1 以上 (5.8.1 以上を強く推奨)
Perl は幅広いプラットフォームで実行が可能で、10年以上に渡ってインターネットアプリケーションの主流言語に選ばれています。Movable Type は、Perl バージョン 5.6.1 以上をサポートするプラットフォームであれば導入できますが、最適な結果を得るためにバージョン5.8.1以上を強く推奨します。

5.6.1以上が必要で、5.8.1が推奨らしい。

借りてるサーバの Perl は 5.6.1 だった。これも不安なポイントだ。

ということで、サーバを乗り換えなければいけない気がしてきた。すでにマズい状態で走っていたようだ。4年近くも前に借りたきりだったからな。たまには確認しなきゃいけないのね。


ということで、候補としてはXREA の上位版である CORESERVERを検討。ランニングコストはほぼ倍だが、15GBまで使えるようだし、MySQL も Perl も十分のようだ。使い勝手も今までと変わらなそう。

ただ、 XREA の契約期間が全然残ってるのが気にかかる。そこで、XREA で募集している新しいサーバを見てみると、同じ XREA なのにいままでと全然スペックが違う。CORESERVERに近い。この、XREA 内でサーバ引っ越すと、いままでの有料契約が移行できるようでもある。

ということで、結局、こんな風にしました。

新たに XREA でサーバを契約(1週間のお試し期間)。スペックが十分なことを確認。Movable Type 4.2 をインストール。いままでのデータを引っ越し。ドメインの切り替え。

古い XREA サーバの有料アカウントを新しい XREA サーバに移行!

すばらしい。これで無駄がない。まだ若干残ってるけど、なんとか引っ越し完了。


Pod Music Street がピンチ

ただ、ここで大問題。
実は同じサーバ で Pod Music Street を運営してます。XOOPSというツールをインストールし、そこでやってるんですが、これも引っ越す必要が。

慌てて引っ越そうとすると、これも簡単には引っ越しさせてくれない。新しい XOOPS をダウンロードしてきて新サーバにインストール。データを引っ越し。エラー。真っ白。

やっぱり同じバージョンじゃなきゃダメ? 同じバージョンをダウンロードし直して新サーバにインストール。データを引っ越し。そして、バージョンをアップグレード。いやいや、思った以上にてこずった。多少不具合が残ってるが、まあ、引っ越せそうだと思ったとき、無料の1週間お試し期間が終わってしまった

すると、サーバの容量が3GBから500MBにダウン。即座に消されることはないようだが、CGIで書き込みするとマズいかもという注意書きの通り、思いっきりマズかったようで、なんと表側のサイトは上部に広告バナーが出てきちゃうくらいで見れることができるんですが、管理画面に入れなくなりました。


やばいです。助けて。


せっかく、これを気にデザインも変えちゃおうかとのんきなことを考えてましたが、管理画面に入れない。これは大変。ただでさえ管理が疎かなのに、管理が出来なくなってしまった。どうしましょう。


ココログの 1MB 問題

ところで話が変わります。
ココログがアップロードできるファイルの容量を40MBから1MBに仕様を変えてしまったらしいですね。

ココログはPodfeedもあるので、ポッドキャストで使っているの人も多いような気もしますので、困っている人も多いような。僕は Podfeed は使ってないですが、似たようなサービス(ていうか、こっちが本家ですが)FeedBurner を使っています。(僕は英語版で使ってますが、日本語版もあります)

どちらもブログに音声や動画がアップされたらポッドキャスト形式のRSSを生成してくれる機能がある。これは、実際にブログにアップしなくても、どこかにアップしてリンクを貼っておけば良いはず。僕はファイルのアップ先はコロコロ変えているのですが、同じような方法でココログユーザーもポッドキャスト用のURLを変えずに続けられるのでは。

僕はこの Movable Type から FeedBurner を使ってポッドキャスト配信してますが、実はファイルはSeesaa ブログにアップしてます。都合、そちらでもポッドキャスト配信されちゃってますが同じファイルです。ここに至るまでいろんなところにアップしたりしてて、時には同時に3つくらいの場所で同じファイルをアップしてたんですが、ここの FeedBurner は変わらずでやってるんでRSSのアドレスは変わらずです。

まあ、いろいろアップしてて、いまの Seesaa さんが一番使いやすい気がするので(ココログも使ってたけどね)、このSeesaaさんにアップして、ココログからいままで通り Podfeed で配信されるのが良いかと思いますよ。Seesaaでも同じファイルが配信されちゃうのが嫌だとダメですが。(あと、たまに重くてファイルがアップできないけど)


thin-pさんと同じく、僕も海外で聴いてくれている人が結構いるのでポッドキャストURLは変えたくないですもんねぇ。アドレスが変わんない FeedBurner 経由のやりかたは助かってます。

あと、FeedBurnerは簡単なアクセス解析とか、24時間以内でダウンロードされた数とかが分かって、日々増減するので、なかなか刺激になります。複数のサイトも登録できますし、ポッドキャスト以外にも使えて便利。

feedburner.png


ところで、ココログは、芸能人のポッドキャストは今のままいけてるんですね。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Subscribe on Android
  • Listen to Stitcher