Flickrのinvite


最近のウェブ・サービスでは「invite」の文字をよく見掛けるようになった。 写真を公開・共有できるサイト、Flickrにも上部のメニューにinviteの文字が。

Posted by  on

Flickrのinvite

最近のウェブ・サービスでは「invite」の文字をよく見掛けるようになった。

写真を公開・共有できるサイト、Flickrにも上部のメニューにinviteの文字が。

Flickrのinvite

Flickrは写真をアップして公開することができるサイト。月に10MBまでアップできる。これだけであればfotolog.netと似たサービスであるが、使ってみるとmixiなどのようなソーシャル・ネットワーキングな機能を持っていることが分かる。

そして、Flickrにも他のソーシャル・ネットワーキング・サービスと同じようにinvite、つまり招待する機能がある。

ところがだ、Flickrは別に招待されなくたってユーザー登録ができる。実際のとけろ僕自身は招待されたわけではないが登録できている。招待というよりは案内ということだろう。 .macでホームページを作ると、知り合いにアドレスを教えましょうとiCardの画面に移るようなものだろう。

口コミの仕組みを作る

ユーザーとしては、この案内の機能は便利ではある。いちいちメールソフトを開く必要がない。アドレスが分かればではあるが。

途中で気付いたが、Flickrでは送信者を日本語にすると、メールのタイトルが文字化けるので気をつけたいところだ。スパムと間違えられそうだ。

ユーザー側としても便利ではあるが、サイト側としては、ただ単にユーザーサービスとして置いているわけではなさそうだ。

便利な機能であってもユーザーは使わないものだ。よっぽどのことがなければ。使っても使わなくてもいい機能を使う人は少数である。inviteされなくてもユーザーになれるのだ。特に使わなければいけない理由はない。

ところが、Flickrからはinviteを使うように促進するためのオファーがある。どうやら使ってもらうことで、サイトの口コミを図りたいのだろう。

Flickr Pro Accountへのオファー

トップページにログインすると、画面の左サイドに表示される「Invite your friends!」の表示。その下には5人招待するとFlickr Pro Accountになるとのこと。

たまたま奥さんを招待した。すると、あと4人と表示が変わっている。そうなると少し気になる。Proになるといろいろと特典はあるが、特筆すべきは月に10MBの容量が1GBになるという。それは凄い。

1GBとは魅力的だ。せいぜい100MBかと思ったらその10倍だった。インパクトは大きい。このくらいのオファーであれば、口コミの促進にはなるかもしれない。現に、inviteを送ってみようという気になった1人が僕である。

しかし、こんな英語のサービス。なかなか招待しても入ってくれない。5人とは高い壁。それでもなんとなく減っていき。あと2人と表示されている。期限がある。今月中。無理やり5人に達するべきか迷うところだ。

実際のところ、月に10MBで十分ではある。200万画素のデジカメか、携帯電話からのモブログだ。それほど容量が必要なわけじゃない。

ただ、1GBという世界に興味はある。きっと使い方が変わるかもしれないと。純粋に興味はある。

今は、1日に1?2枚を選んでアップしているが、考えなしにデジカメ画像をポンと上げておいて、家族だけの公開で一般には非公開ということもできるようだ。一部だけ公開すればよい。

どこかに旅行に行った写真は家族や友達にだけ公開して、ダウンロードもしてもらえるようにするなど、オンラインで共有できるわけだ。ほかにもそういうサービスがあるのかもしれないが、その辺が一つのサービスでできるというのは面白いかもしれない。

ただ、問題は、無理してFlickr Pro Accountになっても、3ヶ月間という期限があるようだ。そのあとは有料になりそうな予感。

面白ければ多少有料でもよいのだが、クレジットカードを持っていない身としては、有料になるとついていけないかもしれない。そう思うとテンションは下がっていく。

しかし、あと2人か。あと数日。迷うところだ。



Posted On
Last Updated On
  • Podcastで聴く
  • Google Podcasts
  • Listen to Stitcher