Spotifyの埋め込みコード


前回の記事で、Spotifyの曲が聴けるプレイヤーを貼り付けている。 貼り付けかたは簡単だ。パソコンでになるが、Spotifyを起動して、アルバムやプレイリストや曲にマウスカーソルを乗せて「̷...

Posted by  on

Spotifyの埋め込みコード

前回の記事で、Spotifyの曲が聴けるプレイヤーを貼り付けている。

貼り付けかたは簡単だ。パソコンでになるが、Spotifyを起動して、アルバムやプレイリストや曲にマウスカーソルを乗せて「…」をクリックしてメニューを出し、「埋め込みコードをコピー」をクリックして、ブログの記事内などになるだけだ。

メニューの「…」はオンマウスしなくても表示されていることもある。

EmbedSpotify.png

さて、そして気になっていたことがあるので実験してみた。

国ごとにラインナップが違う楽曲

Spotifyに限らないが、定額配信の音楽サービスは、国によって聴くことのできるラインナップが違う。

分かりやすいのがRadwimpsなのだが、例えば、日本とイギリスで聴くことができるアルバムが違い、日本で聴けるものはイギリスのアカウントでは表示されず、イギリスで聴くことのできるアルバムが日本では表示されない。

radwimps.png

左がイギリス版のSpotifyで、右が日本版。

個人的には、日本版のSpotifyのラインナップは、すでにメンバーシップ契約しているApple Musicのラインナップに近いようなので、普段はイギリス版で聴いている。

自分のアカウントで聴けない楽曲を貼るとどうなるか

さて、イギリス版でしか聴けない楽曲を貼ってみた場合、日本のアカウントでSpotifyを使っている人は聴けるのだろうか?

試してみた。

結論としては、聴けなかった。残念ながら。当然といえば当然なのだが。

プレイヤー自体は表示され、アルバムジャケットも表示される。聴けるのかなと期待をするが、再生ボタンを押しても再生されない。

ちなみに、Macでは、Spotifyを聴いていると、聴いている曲が止まって、再生ボタンを押した曲がSpotifyのアプリで再生される。聴けない場合は「この曲は再生されません」と表示される。

では、Spotifyにログインしていない人はどうなるか? 再生ボタンが押せないようだ。

そのような仕様らしい。

 


Posted On


track feed ...My cup of tea...