My cup of tea My cup of tea My cup of tea My cup of tea My cup of tea My cup of tea
My cup of tea

アイス・バケツ・チャレンジの心残り

先日、「アイス・バケツ・チャレンジ(Ice Bucket Challenge)」に参加したのですが、じつは心残りが。それは、次に2名の方しか指名できなかったこと。

賛否両論ありますが、自分自身は回ってきたら「かぶらない」という選択はなく、「どうかぶるか」しか悩むポイントはなかったのですが、それは寄付ができないからではなく、寄付をした上で「どうかぶるか」を悩みました。

それ以上に悩んだのが誰を指名させていただくか。本来は勝手に指名してしまえば良いのですが、キャンペーンへの否定的な意見が目につくようになっていたので、じつは指名させていただく前に指名させていただいても迷惑にならないかを確認しておりました。

しかし、ちょうど仕事が休みであろう土曜日。なかなかお返事が頂けなく、撮影時点でお返事を頂けたお二人をご指名させていただきました。

このキャンペーンは、昨年の同時期に比べて数十倍の寄付金が集まるという素晴らしい成果なのですが、それは、最初のルールが良かったからに他ならないと思っています。そのルールは、

  1. 指名された人は24時間以内にバケツに入った氷水をかぶって動画をソーシャルメディアで公開するか、100ドルをALS関連団体に寄付する。あるいは、その両方。
  2. 次に新たに3名の挑戦者を指名する。

というもの。ルールは多少バリエーションがあり、次の指名は2〜3名程度というのもあったので、2名の指名にはしつつ、少し心残りではあったのだが、動画公開後にお返事を頂けたので、追加でもう1名指名させていただきたいと思います。

もちろん、指名させていただいてよいかどうかのお返事でしたので、チャレンジは強制しませんが、なんらかのコメントは公開いただけると幸いです。

追加のご指名「関 信浩さん」

指名させていただくのは、いつもお世話になっておりシックス・アパート株式会社の取締役であり、米国Six Apart Inc. President & CEOである、関 信浩さん。

関さんには、3年前の名古屋で行われたMovable Typeのイベントに、当時の代表取締役として名古屋にお越し頂いた際にお話をさせていただいたことがありますが、実はその前に私の初の執筆仕事となる「これ1冊で完全理解facebook」で、ソーシャルメディアを活用し、ソーシャルメディア利用ガイドラインを二時利用可能な形で公開しているということで、インタビューさせていただいたという経緯もあります。

元々、シックス・アパートは2001年に米サンフランシスコで創業した米国の企業でしたが、2003年に関さんが代表取締役となって日本法人が設立、2011年に米Six Apart, Ltd.社からMovable Typeの全ての権利とSix Apartブランドの譲渡を受け、米Six Apartがなくなってしまったために、完全な日本企業となっていたのですが、2012年に再度米国にオフィスを設け、今年の4月より本社機能をニューヨークの米Six Apart, Inc.に移しており、関さんがPresident & CEOとして指揮を執っています。

私は2003年からMovable Typeを使っていて、この流れも何となく知っていたのですが、改めてまとめてみるとすごい紆余曲折ですね。

ということで、関さん、お願いします!

Facebookなどのソーシャルメディアで見かける「アイス・バケツ・チャレンジ(Ice Bucket Challenge)」の指名を受けたので、快く受け取り、動画をアップした。息子も並んで登場している。

Microsoftの元会長であるビル・ゲイツが、FacebookのCEO マーク・ザッカーバーグの挑戦を受けた動画くらいから話題が大きくなってきたように思える。しかし、ここまでの大物にまで回ってくると、次は否定的な意見が出てき始め、賛否両論という雰囲気になってきた。こういう動きは、東北の支援などでもあったが、必ず出てくるものだ。

指名を受けて思ったのだが、氷水をかぶることは大したことはない。特に夏まっただ中の日本では、気持ちよくもある。(いまいちの天気ではあったが)

ところが、氷水をかぶるよりも難しかったのが、次の挑戦者を指名することだった。賛否両論なだけに、気軽に次を指名できない。この行為に反対意見の方だったら悪いかなとか、本来は強制ではないので氷水をかぶらずに寄付だけするというのも問題ないし、なんなら寄付さえもしなくたって構わないけど、第三者から非難されたら申し訳ないなとか、なんだか賛否両論の声が強まるほどに、余計なことを考えなくてはいけなくなってしまった感じだ。

magazine_cover_large_edca0bdc8d18b25cc2c8a70f523bfe89.jpg
MP3

相変わらず録音してからが遅い。1ヶ月以上前に録音したものだが配信してしまう。

Podcastで流している音楽について。

Podcastで曲を流したりしていますがスキップしてもらってもぜんぜん構いません。聴きたいと思った方が聴いていただけ。スキップしたり巻き戻したりできるのがPodcastの良さでもあるので。逆に曲だけ聴いてもらっても構わないです。

あと、更新を忘れてましたが、noteというサービスにPodcastをやり始めた頃からのことをまとめようかなとしています。していました。本気で忘れてた。まあ、反応があれば書きます。たぶん。よろしければ、当時を知る人は懐かしむなりしていただければと思います。

Podcastを振り返る|Shinichi Sato|note

Music:

feedspot-logo-blue.png

誕生日だからだろうか。たぶん、偶然だろう。普段使っていないメールアドレスに、「Feedspot」というRSSリーダーのファウンダーからメールがあった。

Feedspot Premium を1年間フリーにするからベータテストをして欲しい。そんな内容だった。

Feedspotは、Googleリーダの替わりを狙っているRSSリーダーのようで、Techcrunchの記事も紹介されていた。
Feedspot Offers A Solid Google Reader Replacement With Built-In Search And Social Sharing | TechCrunch

前回の記事にも少し書いているが、RSSリーダーはFeedlyで良いかなと考えているので、いまさらGoogleリーダーの替わりといわれても困るのだが、試してみることにした。

カメリオ

気になったアプリをインストールしていくと、iPhoneやiPadの容量はすぐにいっぱいになってしまう。どのアプリを消そうか。そんなことをいつも考えている気がする。

少し前にダウンロードした『カメリオ』というアプリがある。なんとなく、ニュースアプリと思っていたが、公式サイトでは「フォローメディア」と謳っているようだ。

あなたに代わって情報収集
「フォローメディア」カメリオ

フォローメディアとは :
知りたいこと(テーマ)を登録することで 最新情報を自動で追いかける(フォローする) 次世代の情報収集スタイルです。

先日、Facebookで「カメリオ広報部」と名乗る方からメッセージが届いていた。「その他」に入っていたので少し気付くのが遅れたが、「カメリオ」のアプリ改善のために意見を欲しいとのこと。

ダウンロードだけしていて、あまり使っていなかったというのを前提で、メッセージのやりとりで評価を送ったりした。

その他の最近記事

メールフォーム

Facebook

AudioBoo